九旬

 

ギフト読本
MANNER

年賀

お年賀の相場や、オススメギフト、のしの書き方

お年賀とは、新年が明けたことを祝い、そのあいさつとしてお贈りするもの。いつもお世話になっている方へ、「今年もよろしくお願いします」という気持ちでご用意します。一般的には配送せず、直接伺ってお渡しするものです。

お年賀の時期
お相手と新年最初に会う際にお渡しします。お正月に親戚家族などで集まる場合に、その場にてみやげとして持っていきます。新年のご挨拶は三が日に行うのが基本ですが、ビジネスの相手などは1月4日以降にお会いすることがほとんどでしょう。その場合は、「松の内」までにお贈りしたいものです。

松の内とは門松のある間、1月7日まで、関西であれば15日までとなります。この日を過ぎてしまった場合は、「寒中見舞い」として2月4日までにお贈りします。
お年賀の相場
贈る相手先にもよりますが、3千円~5千円程度が一般的です。あまり高額すぎるとかえって気を使わせてしまうものです。毎年の習慣になるものですから、無理のない範囲で用意しましょう。お返しの品を用意する必要はありません。
お年賀にオススメのギフト
新年のおめでたい気持ちでいただくものですから、華やかなものがよいですね。親戚家族で集まる場合などは、みなさんでいただけるお肉やハム・ソーセージ、カニなどの海産物などいかがでしょうか。ビールや日本酒、ワインなどのお酒もオススメです。そのほか、和洋菓子、洗剤などの日用品も人気です。お取引先であれば、みなさんが社内でわけていただけるよう個包装のお菓子や、お茶やコーヒーがよろこばれます。

商品はこちら
ORDER ONLINE

お年賀でのしの書き方
表書きは「御年賀」、水引は紅白の蝶結び(花結び)を選びます。何度あってもうれしいお祝いは、何度も結びなおせる蝶結び(花結び)が一般的です。水引の下に、贈り主であるあなたの苗字を書きましょう。会社や部署で贈る場合は、会社名と代表者の名前を記します。